読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコちゃんの目

チョコちゃんはおそらく進行性網膜萎縮症※

ではないかと思います。

いつでも目が青緑に反射しています。

近いうちに獣医さんに診察を受けたいと

思います。

 

 

 

f:id:chiho490111:20160910101849j:image

f:id:chiho490111:20160910101900j:image

f:id:chiho490111:20160910101909j:image

f:id:chiho490111:20160910101919j:image

f:id:chiho490111:20160910101923j:image

f:id:chiho490111:20160910102046j:image



※猫の進行性網膜萎縮

・進行性網膜萎縮とは、網膜変性症の一つ。
・網膜が変性して視覚障害が起こる病気で、暗いところで見えづらい夜盲症から始まり、徐々に進行し失明にいたる。
・網膜の細胞が変性することで光感受性が低下し瞳孔は開きがちになる。網膜は薄くなるため網膜の下のタペタム(反射板)の領域が広くなり、反射した光が強くかえってくることで、目がきらきらと光っているように見える。
・原因は解明されていないが、遺伝性であるといわれている。

症状

・暗い所で見えづらそうにしている
・物にぶつかる、つまづく
・行動が鈍い、動きたがらない
・動くものを追わない
・黒目が大きく見える(瞳孔が開いている)
・目がいつも光って見える

発症する年齢や進行速度は様々(数週間~数年間)だが、進行性でやがて失明する。緑内障を併発すると痛みを生じる。

治療

・一度変性した網膜を治すことはできない。
・栄養欠乏性であれば、補充により進行を止められる場合もある。
緑内障を併発した場合は、緑内障の治療を行う。

予防

・早期発見、早期治療。
・繁殖の段階での予防。
・ビタミンA、E、タウリンの欠乏に注意し、栄養バランスの良い食餌を与える。
・日常的な健康管理。

かかりやすい猫種

・アビシニアン
・シャム
ペルシャ